三次元可視化  
                                  
TARO_GEO
evsによる可視化(みえる化)がキーポイント
三次元マッピング承ります。(3万円から)
  
問い合わせ
             090-3323-7362            












地盤空間環境データ3次元可視化システムEVS
地質・地盤リスクを評価できる唯一のソフトEVS
(EVSは、NETIS登録されています。大田ジオリサーチ)
NETIS KK-050007 EVS


EVSは、ボーリング、岩級、地温、水質等の観測(環境)データを三次元化可視化します。さらに、岩級区分などではジオロジックインジケータクリギング(GIK)によって存在確率という属性を持たせることができます。(地球統計学)
 今ある資料(既存ボーリング資料など)を用いて、どこに、どのような調査を、どれだけ、に答えるのが、EVSです。   
谷埋め盛土

筑後平野

警固断層

立野ダム

春日凹地

切土のり面の地質・
岩級の可視化


福岡県の地形・地質とボーリング



地質の三次元可視化

面状の物体移動(落石等)のシミュレーション

三次元設計

空洞調査
              
福岡空港の地下 フライスルー
3333333可視化 可福岡視化 福岡空港555福岡..33可視化 可視化 三次元 三次元 三次元 三次元 地質リスク 地質リスク
地質リスク 地質リスク 地質リスク 
EVSによる地質・地盤不確実性評価事例

・基礎構造物事例・・・・地層分布確率

・地盤の液状化事例・・N値の信頼性

福島放射線量可視化  (2011年3月17日文科省モニタリングデータ使用)

土検棒
阿蘇

秋月


小浜の夕日

もみじの若葉